偏ってる映画日記

主に映画、ごく稀に本についての感想を自由に書いています。

映画『愛の流刑地』

2007年公開の日本映画。

原作は渡辺淳一の長編小説。

主演は豊川悦司寺島しのぶ

 

 

 

 当時結構話題になっていたので聞いたことある人は多いと思う。主題歌が平井堅で、

大概の人は曲も何処かで聞いたことがあるだろう。テレビドラマにもなった。

 昔売れていたけどもう売れなくなった小説家の男菊治(豊川悦司)と昔からその小説

のファンだったという子持ち人妻冬香(寺島しのぶ)の不倫話。幸せの絶頂で男に自分

を殺させた女と、その後殺人罪で起訴される男。

 正直渡辺淳一を好ましく思っていない私は、昔大流行した失楽園も含め興味なかったのだが、なぜか観てしまった。

 で、感想としては、なんか勿体無い映画だと思った。豊川悦司寺島しのぶの演技は

素晴らしいし、出演者が端役も含めて全て豪華な俳優で固められていたと思う。しかし

それ以外の細かい設定がおかしすぎて違和感だらけだった。

 

 ベッドイン途中なぜかいきなり浴衣に着替えてくると言いだす冬香。でも下にはスリ

ップもパンツも着けている。

 太陽の光が眩しくて遮る時の手の動きを見て、冬香が北陸出身じゃないかと思う菊

治。で、富山出身という冬香。

 都合よくベッドイン中の声をテープに録音していた菊治。それによって冬香が殺して

ほしいと言っていたことの証拠となる。

 長谷川京子演じる検察官の存在の意味。恐らく、上司と不倫関係かなんかだったのだ

が、この設定は必要あったのか?中途半端過ぎていない方がよかったくらい。

 長谷川京子のファッションが胸元開きすぎていたりミニスカートすぎたり体型を強調

しすぎな若干下品な格好だった意味。

 仲村トオル演じる冬香の旦那のキャラ。エリート営業マンで仕事に打ち込みすぎて家

族を顧みない短気で傲慢風。

 

 恐らく裏設定がそれぞれの人物に細かくあって、それをちょいちょい表現しようとし

たが、この短い1回の映画では伝わりきらなくて、見る側に「え?」って思わせてしま

う。このシーンとかいらなくない?となる。富山の有名な盆踊りを出してきたり、冬香

の夫に裁判中にキレさせたり、見る側がすぐに裏設定を把握できるようにしようとした

のだろうが、わざとらしすぎて滑稽な映画にしてしまっている。

 

 それから、この話は渡辺淳一の思い込みというか幻想というか、おじさんの女性への願望が爆発していて笑えてくる。以下に思い出せるものをあげてみる。

 

・45歳のおじさんと32歳の年下女性との恋愛。(小説では55歳と36歳設定)

・相手女性は人妻。

・人妻で3人子持ちだけど性に対してうぶで清純。

・その女性は雪国生まれの控えめで大人しい性格。

・でもベッドの中では積極的で激しく乱れる。

・浴衣着ててほしい。

 

 いろんな矛盾を抱えているにもかかわらず、それを無理やりな理屈で収めようとしていて何か気持ち悪い。

 自分は北陸出身なので、このおじさんの勘違いがよくわかる。他の地域の人たちと同

じように、雪国の女は大人しい人もいれば大人しくない人もいる。自己主張の激しい者

もいれば控えめな者もいる。こんなこと別に北陸出身じゃなくたってわかる。完全に渡

辺の妄想の北陸女なのである。

 

「雪国の女はおとなしそうに見えても心の中にはきついものを持っている。」

 

裁判での冬香の母が富山弁でこう言ったが、お笑い以上のなにものでもない。

 

「死にたくなるくらい人を愛したことはないんですか」

と、終盤菊治は叫んでいたが、失楽園と共通する愛と死。深くは知らないが、渡辺淳一

にとっての恋愛に対する美学か何かなのだろうが、正直どうでもよいし、自分は一生理

解せずに死んでも構わないし、今後そんなことに想いを馳せることもない。生きる上で無駄である。

 どう美化したって結局は旦那とうまくいっていない女との不倫の話を大げさにしてい

るだけだ。

 

 関係無いが、最近小林麻央さんがガンで亡くなられたが、彼女は最後まで生きようと

した。海老蔵さんのため、子供達のため、自分自身のために。

 本当に愛し合っている二人には肉体関係なんて超越した本当の愛情が育まれるし、生きたいと願うものだろう。

 

やはり渡辺淳一と自分は合わない。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村