偏ってる映画日記

主に映画、ごく稀に本についての感想を自由に書いています。

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』

1997年イタリア映画。

喜劇俳優ロベルト・ベニーニ監督・脚本。

 

 20年近く前の映画だが、名作として今でも有名。

 カンヌ国際映画祭審査員グランプリ受賞、第71回米国アカデミー賞で8部門ノミネートされ、そのうち3部門受賞。

 

 第二次世界大戦下のユダヤ人の親子の話。

 

【あらすじ】

 1939年、ユダヤ系イタリア人であるグイドは、友人と共にトスカーナにある田舎町に移住する。偶然出会った小学校教師のドーラに恋をし、彼独特のアプローチを続け、ついに二人は結ばれる。

 数年後、息子ジョズエと共に幸せに暮らしていた3人だったが、第二次世界大戦が勃発し、ナチスドイツによるユダヤ人迫害は激しくなる。

 やがて3人は強制収容所に送られ、衣食住と満足に与えられない生活を強いられる。労働力にならない子供達は毒ガスで殺害されていったが、様々な幸運と周囲の人々、父グイドの努力の甲斐あってジョズエは生き残る。

 戦争も終局を迎え、ナチスが撤退する中、妻ドーラを探しにいこうとしたグイドはナチス兵に捕まり、銃殺される。

 朝になり、連合軍の戦車が現れ、ジョズエは乗せてもらい、途中、母ドーラと再会し、終わる。

 

 このように書くと、よくある戦時中のユダヤ人迫害についてのストーリーで、寧ろ何のひねりも無い為、どの辺が名作なのかわからなくなる。が、この映画が伝えたいことはそんなことではないと思われる。

 最初から最後までほとんど一貫してグイドの陽気なキャラは変わらない。深刻な場面でもぶっ飛んだキャラを通し続けている。銀行の偉い人を怒らせてしまっても、仕事の面接時も仕事中も、好きな人ができた時も、その好きな人にフィアンセがいて今にも結婚しそうな時も、妻と子供ができて幸せな時も、街にユダヤ人迫害の空気が流れていても、強制収容所に送られても、そして、殺されることがわかっても。

 どんな状況でも人生を楽しみ、明るく陽気に捉え、感性を豊かに生きることの重要性を伝えたいのではないか、と思う。それによって悲劇も喜劇に変わる。まさに「ライフ・イズ・ビューティフル」。

 もちろん、お父さんの息子への愛の物語でもあるとは思うが。

 

 最初は、ストーリーについて全く知らない状態で観たことや、題名も明るい感じだし、話の中盤まではただのコメディ映画だし、そういう楽しい映画なんだと思っていたら、途中から強制収容所の話へと急展開していき、最後はあっけにとられて終わった。どう受け取ればいいのか考えがまとまるまでに少し時間がかかった。

 この陽気な主人公と暗い現実の対比がまた印象的なんだろうし、観るものの涙を誘うのだろう。出だしからすでに泣いたという人もいたが、私は終始涙が出るほどではなかった。

 ちなみにこの話はフィクションだそうで、そうなら尚更お父さん死なせないでほしかった。誰かが死ぬオチはほんと嫌。

 

 あと、最初はドーラ役のニコレッタ・ブラスキが妙に老けて見えて、なぜこの人をこの役にしたんだろうとか思っていたが、最後の方はちょうど年齢相応に落ち着いたのでよしとする。ちなみにこの女優さんは監督兼グイド役のロベルト・ベニーニの奥さんだそうです。夫婦共演だったのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村