偏ってる映画日記

主に映画、ごく稀に本についての感想を自由に書いています。

映画『アメリ』

2001年公開のフランス映画。

監督・脚本はジャン=ピエール・ジュネ、主演はシャネルの広告塔を勤め、映画でもシャネル役を演じていたオドレイ・トトゥ

 

 数年前毎日見ていた時期があり、計300回は観たと思われる。

 ストーリーはジャン=ピエール・ジュネらしくブラックなユーモアに溢れ、展開がむちゃくちゃであり、意味不明な人物がたくさん出てくる。

 主人公であるアメリ自身がすでに変わり者であり、生い立ちに問題がある。アメリはモンマルトルのカフェで働いているが、妄想癖があり、今パリでは何組のカップルがベッドインしてるか想像して楽しんでたりする。また、人が幸せになるように独特な方法で仕掛けをしては喜んでいる。

 そんなアメリはある日、他人のインスタント証明写真収集が趣味のニノが駅の証明写真機の下を弄っている時に偶然遭遇し、一目惚れする。今まで通り恐ろしく独特な方法でニノへアプローチを始め、最終的に二人は結ばれる。

 未だに結ばれる時の展開の速さが理解できないが、とても可愛い良い映画である。話の内容自体には深みもない単なる娯楽映画だが、この独特の世界観が私はとても好きだ。

 何が魅力かって、現代パリのオシャレ感を最大限に表現している点だ。街並み、服装、屋内装飾、カフェ・・・・パリを舞台にしたどの映画にも優っている。パリに旅行する人は必ず観て行ったほうがいい。とはいえ、アメリのままのイメージだと実際のパリは逆に期待外れになるかもしれないが。

 それから、音楽もとても素敵だ。アコーディオンを使ったちょっとレトロ感のある音楽で、これがより一層アメリの世界観を底上げする。

 この映画は、とにかくパリっぽいものを集めて詰め込んだような映画なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村